ネットワークをくむことで、相続のビジネスの機会が広がります。

個々で、お客様を開拓するよりも、効率的にビジネス展開ができます。

一見さんはお断りしています。

賛助会員のお客様限定ですので、見込みの高いお客様開拓ができます。

 

例えばセミナー・研修・勉強会を開催する場合は講師を紹介させていただきます。また講師となる方は、アピールとビジネスの機会が広がります

地域密着で、家続の会はブランディングを進めて参ります。 経験や実績を積んでゆき、ブランディングを進めることで相続に強い企業としてPRすることができます。


 

 家続の会の代表をしております税理士の清野宏之と申します。

 セミナーや個別相談会を実施すると、如何に相続の問題でお困りの方々がこの地域に多いかを痛感させられます。誰に相談したらよいかわからずにそのまま問題を放置し、悲惨な結果になってしまったご家族が如何に多いか・・・また素晴らしい問題解決のスペシャリストがいても、お客様になかなか認知頂けていない等々の課題を鑑み、透明性が高く、問題解決にスピーディにかつ丁寧に対応していただく専門家にお客様が安心してたどり着くことを第一に「家続の会」は自らの営利を優先にするのではない一般社団法人としました。

 

 人にも企業にもヒストリーがあり、私たちは誰しもその大きなヒストリーの中で生まれ、成長し、時代を紡いでいくものです。その個々の営みの中で育まれる文化や価値の永続的発展に寄与するために次のミッションを当会の行動指針としています。

  1. 当会は、地域に根付き世代を超えて地域と共に歩み、日本経済の根幹をなす、ファミリービジネス(地主、同族経営企業、創業者一族企業等)が継承すべき価値観や伝統的資産についてクライアントと共に考え、最善を尽くします。
  2. 当会は、個人及びファミリービジネスの文化や富を知恵と思想で守ります。
  3. 当会は、個人及びファミリービジネスの「見守り」的な役割を担い、こころの交流で信頼を繋ぎ、経済、雇用、文化などで地域コミュニティーに貢献します。
  4. 当会は、個人及びファミリービジネスのライフサイクルのあらゆるステージにおいて、一番最初に相談され、最も信頼される無二の存在となるように努力します。
  5. 当会は、現在、未来における人々の良い暮らしを提案し、そして次の世代の社会を担う子弟や後継者の教育に努めます。

 

 上記の5つを宣言し、皆様と共に「地活」を活性化し、「勉協」し、「家続」を実践してまいります。